賃貸暮らしの平均年数

賃貸に住む年数は色々

トップ / 賃貸に住む年数は色々

賃貸のネット情報

住人によって違う賃貸の居住年数

賃貸住宅には学生や若者の一人暮らし、一般的な夫婦と子どものファミリー、子どもが独立して高齢者だけで暮らしている夫婦や一人暮らしのお年寄りなど、様々な人たちが暮らしています。暮らしている人たちも様々ですから、それぞれの平均居住年数にも違いが出てきています。学生や若者の一人暮らしでは4年以下が多く、ファミリーや高齢者ではそれ以上となっています。ファミリーや高齢者の平均居住年収が長いのは、終の棲家として暮らしているといった意味が大きく、逆に学生や若者は、大学が4年であることや結婚などで新しい賃貸住宅に引っ越すことから短くなっています。

平均居住年数の想定は

賃貸住宅の平均居住年数は基本的に短く、民間の場合、単身者の殆どが2年から4年で退去しています。これは単身者のライフスタイルの変化のサイクルと、更新時の手数料を支払うなら新しい良い物件へと身軽に引っ越していくだけの余裕が溜まった期間でしょう。ファミリーの場合はもう少し長く、半数近くが4年から6年となっています。6年以上となると住み続ける人の割合が一気に落ちるのは単身者と変わりません。全体的に短期間で住み替えるというライフスタイルなのでしょう。それが65歳以上の高齢者となると、6年以上住み続けている入居者が多くの割合を占めてきます。これがUR賃貸住宅となると短く住む人は少なく、13年が平均居住年数になります。