賃貸の生活音について

賃貸物件の床について

トップ / 賃貸物件の床について

賃貸のネット情報

賃貸マンションの床の音

賃貸マンションやアパートで床の音と言うと、上の階や下の階からの騒音などと思われるでしょうが、そうではありません。床そのものの歩いた時の音のことです。床から音がするのです。フローリングを貼る以前の構造的なものに問題があるのかわかりませんが。歩くところにもよりますが、ミシミシというような音がします。一度気になって業者に見てもらったことがあります。その時に板の隙間から何か液体を注入していました。多分接着剤のようなものだと思います。その時に寒い時より夏場の方が音がするものと言われた記憶があります。賃貸だから音がするのとは限らないですが。

フローリングの部屋はらくちん

賃貸を考えるなら、フローリングのお部屋が楽ちんです。何といっても掃除が楽。掃除機をかけなくてもウェットシートなどでさっと人拭きすれば誇りも汚れも落とすことができるからです。このウェットシートなら音もしないので夜中でも隣近所に迷惑をかけず掃除ができます。また、たたみのようにごろんと寝そべりたいというかたはカーペットを敷くようにしましょう。冬はホットカーペットを敷けば、ぐんと温かくなります。またカーペットは洗えるものを使用すればたたみよりも清潔に使えますし、夏はしまってしまえばお部屋を涼しく使えます。また賃貸である程度の期間住むと、たたみ替えをしなければならないこともありますが、フローリングならその心配もありませんよ。